慰安婦を題材にしたゲーム The Wednesdayプレイ日記 #5

ちなみに、左の人を十字架さんといたします。ネックレスをつけているので。画像はありませんが、何回か前のワープ時には伏せっていましたが、どうやらそれを乗り越えるクエストは果たしたようです。実況すればそういうこともわかりやすくなるとは思うんですが、しゃべりもうまくないし疲れるので、ブログ形式にしています。もちろん、何があってどうなってるかというバックボーンは一切わかりませんw

このあたりから、主人公の自由時間が増えます。ほぼほぼスパイですwだって画面奥でみんな掃除してるんですよ?人にかまっている場合ではありません。で、このおじさんを捕虜おじさんとします。捕虜かどうかはわかりませんが、そもそも何をしているのかわかりません。苦しんでいるようには思えるのですが。

身の上話なんかも聞いてあげたりしてるのでしょうか。看護要員としてのお役目でしょうか、そのあたりはなんとも不明です。実は兵士たちとも会話をしているようで、もしかしたら、様子を見に行け等言われているのかも知れませんが。

この兵士は具合が悪そうです。立ち絵はモブ兵士用で、具合が悪くて真っ黒なわけでは無いようです。この建物が兵舎なのかもしれません。おそらくは、テキストでどこどこに何かあるみたいなセリフが山のようにあると思うのですが、やっぱりわからないので、移動アイコンを頼りにプレイしていきます。

どこかで手に入れたきびだんご的なもので、一時的に回復を試みる主人公。このように、会話して、アイテムをあげたりして色々話が進むという、ゲーム自体はゆるやかに進行しますwプレイヤーが驚くほどあっちこっちうろつきます。どれだけフリーダムなのでしょう。で、後付けですが、今は1945年1月6日ですかね。実は日付は重要で、何日にワープしてきているのかがわからないと、たぶん話が分からなくなりますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − 3 =