慰安婦を題材にしたゲーム The Wednesdayプレイ日記 #18

とにかく、事情がはっきりしないままゲームを進めているので、ついキャプチャーを忘れます。次のミッションは何でしょう。この金髪兄さんは曲者らしいです。

前回お話しした通り、この金髪兄さんことRに食って掛かるスニちゃんです。ほんとに何を言っているのかわからないけど、大したことは言ってないなとなめられているに違いありません。

日付入りのキャプチャーがないので、いつだったか忘れてしまいましたが、みんな生きているので、おそらく更に前日に戻ってきているはずです。

文面から察するに、中国娘のメモのようです。中国語とハングルとのコラボが、近くて遠い国であることを示してくれているようです。このゲームにいくらかかったのかは知りませんが、最低でもEnglishバージョンは必要ではないかなと思います。

4月や5月のメモもあります。日本がどうのこうの書いてるみたいですが、読めません。このように、日本の悪行がこれでもかと書かれています。日本語版があれば、YouTubeで突っ込みまくりの動画があふれて、俺もやらう!と、ザクザクお金が入ったのにと思いますけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − seven =