MSX2で1画面プログラムに挑戦していた時の恐ろしいデモが発掘される!

1画面というのは、MSX のスクリーンモード0、つまり幅40文字、高さ24文字のテキスト表示で1画面に収まる分量のコードのことです。

んでwビジュアルとサウンドにこだわったww結果、意味不明のデモに。
脳内で思い出の写真がふわーと消えていくイメージを膨らませてくださいv

「MSX2で1画面プログラムに挑戦していた時の恐ろしいデモが発掘される!」への2件のフィードバック

  1. 恐ろしいデモ、拝見しました。
    おっ!Basicのリスト、久しぶりですね!
    何やら、暗号化したテキストのようですね(笑
    その昔、光の戦士達は、皆さん、ベーシックを楽しんだのですが・・・
    うーむ、最近は、ベーシックって、消えてますね(笑

    しかし、画面の女の子、上手く書けてますね!
    MSXは、8ドット毎に2色表示なので、まともに絵が描けない(泣
    足らない色は、スプライトを貼り付けて誤魔化してました(笑

    1. これが実はscreen5でして、LINE文で書いてるだけなのです。ただ、座標は文字コードを拾っているので、謎の呪文が炸裂していますw更にサウンドwはR3という異様なディレイがv
      で、なぜかPOKE文で画像を消すという事をしています。たぶん。
      左右対称なのは、片方しかデータがないと思うのですが、どうだったかなとかw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です